信頼すること。

こんにちは。

アンガーマネジメントファシリテーターの松永ちえみです。

 

今日、子どもを保育園に連れて行ったら

鳥取市では、来年度の保育園の入所の申し込みが始まってるんですね。

私には子どもが2人いて、上の子は3歳になるまで家で育て

3歳になった次年度から幼稚園に入園しました。

 

2人目が生まれて7ケ月で仕事に復帰することになり

2人目は1歳にならないまでに保育園に預けることになりました。

 

その時、私はとても複雑な気持ちでいました・・・。

 

上の子は3歳まで母親と一緒にいて

完璧な育児とはいかなくても

自分なりに移行錯誤しながら愛情を注いてきたつもりでした。

 

それなのに下の子は、まだ歩いてもいないうちから保育園に預ける・・・

自分の中で腑に落とせずにいました。

 

上の子よりも下の子への愛情が薄れてしまっているように感じて・・・。

でも、保育園に行きだして

保育園の先生たちが我が子に接する様子や

保育園にお迎えに行った時の子どものイキイキとした表情から

担任の先生だけでなく

保育園の先生みんなが子どもに愛情を注いでくれていること

そして、一緒になって育児をしてくれていることが感じられて

それまでずっと「自分でちゃんと育児をしないと!」と

肩に力を入れて、意地になっていた自分に気が付きました。

 

そして、保育園に預けることが

育児を放棄することでも

罪悪感を感じることでもなく

我が子の成長を「一緒になって考え・取り組んでくれる」仲間が増えることだと

保育園の先生たちから我が子を通して教えてもらったように思います。

1人で分からないことでも

1人ではできないことでも

仲間がいればヒョイっと乗り越えられることって

たくさんあるんですよね。

 

育児をしていると

嫌でも自分と向き合わざるを得ない時があります。

 

私の場合は「信頼」する力の弱さ、でした。

 

でも、我が子の笑顔が保育園の先生を「信頼」することを教えてくれ

そして、我が子の成長が人を信頼することが、

自分の心の豊かさに繋がることを証明してくれました。

 

よく「育児は自分育て」という言葉を聞きますが

ほんとにそうだなぁ・・・と

日々、思います。

 

子どもを通して、自分も成長していく

 

2人の子どもたち・・・

成長させてくれてありがとう!

The following two tabs change content below.
松永 ちえみ

松永 ちえみ

鳥取県鳥取市出身。 大学卒業後、私立高校や公立中学校・小学校に勤務。 教員として働くなかで、家庭での子どもへの関わりが 将来の人格形成へ大きく影響することを感じ 結婚を機に学校現場を離れる。 育児をしながら、一時的に学校現場へ復帰したさい 子どもたちへの感情教育の必要性を痛感し 心理学を学びはじめる。 現在、アンガーマネジメント ファシリテーターとして 「怒り」をテーマにしたセミナーや講座を開催して活動中。
松永 ちえみ

最新記事 by 松永 ちえみ (全て見る)

関連記事

  1. 味噌のことなら「花嶋味噌こうじ店」さんへ♬

  2. 7月8月限定わらび餅を探しに「うずまきや」さんへ☆彡ー鳥取市

  3. お昼限定!第8回 「1コイン味めぐり」が、始まったってよ♡11/1~1…

  4. 癒しの空間でエスニック。創作ごはん&ギャラリー ハチドリtableー鳥…

  5. もっちもちのベーグル!ピクニックにも♪PANETTERIA SOLAR…

  6. お料理も景色も絶品「大山レークホテル」のランチバイキング♬ー大山町