恩師の言葉

2月も終わりが近づき、もうすぐ3月ですね。

 

鳥取市内の高校では、3月1日に卒業式をする高校が多くあるので

お子さんの新たな門出を間近に控えておられるご家庭もあるのではないでしょうか。

 

 

私には、この季節になると、いつも思い出す恩師の言葉があります。

 

「学ぶことは、自分を救うこと」

 

高校3年生の時、大学に進学しようかどうか迷っている私に

恩師の先生が私にこの言葉をかけてくれました。

 

 

今まで私は、この言葉に何度も背中を押されてきました。

 

長男を出産し、初めての育児に戸惑い、不安を感じていた時

この言葉を思い出した私は、心理学を学びはじめました。

 

 

そしてその学びで得た知識は、育児や一時的に教員として復帰した時に

とても役立ち、何度も救われました。

 

「学ぶことは、自分を救うこと」

 

この言葉の奥深さを実感した私は

 

「迷った時は学ぶ時」だと考えるようになりました。

 

 

迷うことや悩むことは、自分の心をすり減らすためではなく

自分をよりステップアップさせてくれるきっかけではないでしょうか。

 

特に私は・・・ずぼらなので、必要にかられないと勉強しない・・・

という言い方もできますが・・・笑

 

春には育児休暇を終え職場に復帰する

異動が決まり、家族で引っ越しをして別の街で暮らすことが決まっている

 

年度の始まりが4月となっている日本では

春は変化の多い季節となることが多いですよね。

 

それぞれの春にエールを込めて・・・

 

 

The following two tabs change content below.
松永 ちえみ

松永 ちえみ

鳥取県鳥取市出身。 大学卒業後、私立高校や公立中学校・小学校に勤務。 教員として働くなかで、家庭での子どもへの関わりが 将来の人格形成へ大きく影響することを感じ 結婚を機に学校現場を離れる。 育児をしながら、一時的に学校現場へ復帰したさい 子どもたちへの感情教育の必要性を痛感し 心理学を学びはじめる。 現在、アンガーマネジメント ファシリテーターとして 「怒り」をテーマにしたセミナーや講座を開催して活動中。
松永 ちえみ

最新記事 by 松永 ちえみ (全て見る)

関連記事

  1. 映画のワンシーンを切り取ったかのような店内♬「上海茶楼(シャンハイチャ…

  2. 無理やりポジティブは悪化の素

  3. 7月8月限定わらび餅を探しに「うずまきや」さんへ☆彡ー鳥取市

  4. 本日オープンした「円形劇場 くらよしフィギュアミュージアム」に行きまし…

  5. こころと体に触れるセラピールーム『Aikyam(アイキャ)』ー鳥取市

  6. 辻直美先生「大人の姿勢講座」レポート