ご卒業おめでとうございます

先週の中学校に続き、鳥取市内では今日は多くの小学校の卒業式のようですね。

我が子は在校生として、卒業式の準備や練習に意気込んでいました。

卒業式の前日に中学校3年生のお子さんを持つお母さんとお話をしていました。

卒業式前日の夜、いつもと同じように働いているそのお母さんに

「明日はいよいよ卒業式ですね。準備は終わられましたか?」と聞くと

「卒業式は、私は泣くだけなので・・・。」と仰っていました。

それがとても印象的で、その後、何日かその言葉が頭の中を駆け巡っていました。

「私は泣くだけ」とは、主役はお子さんだということを実感しておられるからこそ出る言葉だなぁ・・・と思います。

卒業式が終わった後

「どうでしたか?」と聞くと

「感動的でしたが、結局、ちょっとしか泣きませんでした・・・。保育園の時が一番泣けたなぁ・・・。」と言っておられました。

保育園は、送り迎えで毎日親も通い、小学校になると親が行くことは少なくなり

中学校になると、もう子どもだけで完結することが多くなりますよね。

そうして、親との共有世界が減っていき、子どもだけで構築している世界が増えていく。

それを成長と呼んだり自立と呼んだりするんでしょうが、

そう思うと・・・我が子と一緒に気持ちを共有できる時期って、本当にわずかな期間なんだなぁ・・・と

自分の今いる時を想い、子どもと一緒にいられる今を大事にしたいと改めて思いました。

卒業という人生の門出

ご卒業おめでとうございます。

そして・・・新たな門出に幸あれ!と、心から・・・。

 

The following two tabs change content below.
松永 ちえみ

松永 ちえみ

鳥取県鳥取市出身。 大学卒業後、私立高校や公立中学校・小学校に勤務。 教員として働くなかで、家庭での子どもへの関わりが 将来の人格形成へ大きく影響することを感じ 結婚を機に学校現場を離れる。 育児をしながら、一時的に学校現場へ復帰したさい 子どもたちへの感情教育の必要性を痛感し 心理学を学びはじめる。 現在、アンガーマネジメント ファシリテーターとして 「怒り」をテーマにしたセミナーや講座を開催して活動中。
松永 ちえみ

最新記事 by 松永 ちえみ (全て見る)

関連記事

  1. ありのままの私に自信が持てるようになる「すっぴん肌セミナー」って?!

  2. 倉吉市関金町にある温泉付きキャンブ場☆やまもり温泉キャンプ場☆

  3. よりシンプルなものを選択する

  4. 西部で美味しいクレープをたべるならここ!käsi (カシ)ー境港市

  5. 思い込みが不安を作る

  6. ”羨ましい”は心のサイン