思い込みが不安を作る

ママさんの利用者も多いこのサイトなので
妊娠がわかったときの喜びはそれはもう
今でもきっと鮮明に覚えてる方が多いと思いますが

私は実は
嬉しい反面、自分の人生はもうないんだと思ってました。

 

私は19歳で結婚して20歳で娘を産んだのですが、
妊娠発覚した時は転職して数ヶ月の時だったので

新しい生活にも慣れて
よし、これからやりたいことをやっていこう!と
思っていた矢先の出来事でした。

 

正直、不安でその不安の中には
”自分の人生がなくなってしまう”というものがありました。

どういうことかというと、
子供を産む=自分を犠牲にする

自分の時間、夢、やりたいこと、仕事、
そういったものすべてを子供第一に考えて
自分は我慢しないといけない。

という不安がありました。

でも、今どうかというと…
あの時心配していた不安な気持ちは何処へやら^^;

ありがたいことに主人の理解もあるので
好きなことばっかりやって生きてます^^

すべて不安からくる”思い込み”だったんですね。

私の母親は私と違って
家事も完璧でお料理も上手で完璧主義なので

家事育児を本当にしっかりしてくれてたタイプ。
大人になってそれがどんなにすごいか
わかったんですね。

 

そんな母を見ていたので
同じようにすることを考えてたらとてもじゃないけど
自分のことにかまけていられないと感じて、
嬉しさ、プレッシャー、不安が入り混じってました。

 

でも、よくよく考えてみると母は自分の趣味も持っていたし
常に我慢していたわけじゃないんですよね。

 

要するに、妊娠初期の私は大変な部分ばかりにフォーカスして
いい部分にフォーカスできていなかったんですね。

今は本当に娘や主人に感謝だし
逆に見守ってくれてる、応援してくれる家族がいるから
頑張れてると思います^^

それに、子供のせいで我慢するとか、
我が子に対して失礼だなって思う。

家族のおかげで
想像以上に人生が豊かになっているし。

どこを見てどう捉えるか?

そのポイントが違うだけで選択肢も変わってくるし
人生そのものが変わってきます。

 

あなたが”不安”に思っていることはなんですか?

ぜひその不安に思ってることを
違う角度から見てみてくださいね^^

 

それだけで案外サクッと解決したり、
スッキリしちゃうかも!?

 

 

 

The following two tabs change content below.
大谷 ゆき

大谷ゆき

"好き”を仕事にして働き方から生き方を変えたい人に向けてコーチングでサポートをしている。 ブログでは毎日幸せに過ごせる考え方や視点についてをメインに発信中! 1986年生まれ31歳。 東京都出身 鳥取市在住。 趣味は海外ドラマとコスメ収集。

関連記事

  1. ”いま”を感じてグルグル思考をストップする4つの方法

  2. 親離れまでのカウントダウン

  3. 注目の隼Labにオープン!Cafe & Dining San…

  4. 用瀬駅近!古民家カフェでご飯を食べよう^^御食事処「蔵-kura」-鳥…

  5. 西部で美味しいクレープをたべるならここ!käsi (カシ)ー境港市

  6. 高校生にもママにも★おしゃれごはんとスイーツを Cafe Amelie…